photo-1441034281545-78296c3a6934

これからブログを始めたい人、ブログ書いてる人など、文章を書く人にお勧め「新しい文章力の教室」

久しぶりの書籍レビューです。
最近、文章を書くことの難しさを実感していて、もう少しうまくならないものだろうか、と数冊の本を購入しました。
その中の1冊がとてもよかったのでご紹介します。

photo-1441034281545-78296c3a6934
この本の正式なタイトルは
「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」
決して新しい本ではありません、といっても1年前に発売された本です。


“Kindle Unlimited”を契約されていれば、そちらでも読めるようです。私はUnlimitedを解約したので、Kindle版を購入しました。
とりあえずこの本は「前書き」を読んで欲しいのです。
その中にとても大切な一言が書いてあります。
そして「書けない」のはなぜか?についても言及しています。

「書けない」の実情は、「遅い」「まとまらない」「伝わらない」のどれか、もしくは3つともです。

本書ではこの3つを克服するために、「大切な一言」を実践する方法が書いてあります。
そして、「良い文章」の定義もしっかりとなされています。

良い文章とは完読される文章である

つまり、本書は「完読される文章の書き方」を教えてくれる本、ということになります。
そのために必要なことは「事前準備」とのこと。
文章を実際に書き出す前の準備についてもかなりのページ数を割いて書かれています。
ここで私が響いた言葉が「プラモデル」。
どういう意味かは本書を読んでみてください。
ちなみに私の文章の書き方は基本的に
・いきなり書き始める
・書きながら前の分との整合性を見つつ、変だったら修正しつつ・・・
・とりあえず最後まで書く
・最後まで書いたら見直し数回
という感じです。
整理が付かないときはパーツをバラバラとノートに書いて、それを見ながらまとめていくこともあります。
この本を読んだことで私の文章がどう変わるのか、書き方が変わるのかが楽しみです。
他にも2冊ほど買ってるので、そちらも読んでみて考えようと思います。
この本、文章を書く人だけではなく、例えば講演をする人などにもお勧めできるのではないか?と思います。

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest