Snow LeopardでNTFSボリュームを読み書きする・2

以前紹介した記事はこちら

blog.openmedialabo.net
http://blog.openmedialabo.net/1972
http://blog.openmedialabo.net/1972

この方法だと書き込みが出来る場合と出来ない場合が出てきました。

そこで以下の方法を試してみました。

【概要】
NTFSボリュームをマウントするコマンドに細工をしてみました。

1.コマンドのバックアップを取る

sudo mv /sbin/mount_ntfs /sbin/mount_ntfs.orig

2.新たにコマンドを作成
sudo vi /sbin/mount_ntfs

記載する内容は下記の通り

#!/bin/sh
/sbin/mount_ntfs.orig -o rw "$@"

vi終了する際は”:wq”と入力

3.所有者とパーミッションを変更

sudo chown root:wheel /sbin/mount_ntfs
sudo chmod 755 /sbin/mount_ntfs

これでNTFSボリュームの外部ハードディスクを接続すると読み書きモードでマウントされます。

[401] [401] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `401 Unauthorized` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#UnrecognizedClientException","Errors":[{"Code":"UnrecognizedClient","Message":"The Access K (truncated...)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい