リンク先のファイルサイズを自動で付加する「addSizes.js」

ファイルをダウンロードする際、ファイルサイズが分かった方がダウンロードしやすく、なんとなく親切に見える。
しかし、実際にファイルサイズを記述するとなると、意外とこれが面倒だったりするため、記述していないサイトが多い。
そんな時にこのスクリプトを使ってみてはいかがでしょう。

addSizes.js

リンク先のファイルサイズを調べて、リンクテキストの後ろにファイルサイズを自動的に付加してくれるJavaScript、それが「addSizes.js」。
付加した文字列も非常に分かりやすく、なかなか使い勝手がよさそう。

たくさんのファイルをダウンロードさせたいが、ファイルサイズを記載するのが面倒だったり、頻繁にファイルの更新が行われるようなサイトを管理している方は検討の余地あり、です。

[401] [401] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `401 Unauthorized` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#UnrecognizedClientException","Errors":[{"Code":"UnrecognizedClient","Message":"The Access K (truncated...)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい