No Image

サーバエンジニア必読の一冊「[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術」

正確には「[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用」という書名らしい。
この田舎では見当たらず、ちょっと都会に出て行った時に買ってみた。
まさしく「スケーラビリティ」「パフォーマンス」「省力運用」について、実例を交えながらつらつらと書き綴っている。
内容については、ある程度のサーバスキルがないと難しいかもしれない。
実際にサーバを構築・運用していて、少々行き詰まり気味のあなた(俺?)、手に取る価値あり。

細かい設定方法に関する記述は少なく、その辺りを期待して買った人は「え?」と思っているかもしれない。
ただ、サーバ管理を考える上では非常に意味のある本ではないか?と思う。
いろいろと考えさせられる部分もあり、自分の考え方や方法論が間違っていないことを確認できた部分もあり。

[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ‾スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ‾スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

安井 真伸, 横川 和哉, ひろせ まさあき, 伊藤 直也, 田中 慎司, 勝見 祐己
2,999円(09/17 23:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

技術的なお話については単体でサーバ持っていてもあまり意味がないかな。
データセンターっぽいもので仕事をしている人、これからそんな感じのものをどっかに持とうかと考えている人、複数台のサーバ設計~構築の仕事が入ってきそうな人は読んでみて損はない。
サーバ管理という非常に負荷の高い仕事をしている人たちがいかに負荷を軽くしようと日々努力しているかが垣間見れます。

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest