ユーザ毎に投稿するカテゴリを制限できるWordPressプラグイン「Category Limitation」

納品用のサイトをWordPressで構築していると、一部のカテゴリだけに投稿させたいケースが出てきます。
また、全く違うカテゴリに投稿されてしまうことも稀にあり、その度に「投稿されない!」という連絡を受けることもしばしば。
そういう投稿に関するヒューマンエラーに対処するためのプラグインをご紹介します。

カテゴリを制限するプラグイン(自作) | ISプランニング

By: Heisenberg Media
「Category Limitation」というプラグインになります。
こちら、インストールは簡単で
・上記サイトからダウンロード。
・解凍してフォルダごとプラグインフォルダに放り込みます。
・WordPressの管理画面の「プラグイン」にて「Category Limitation」を[有効]にします。
・管理画面の「設定」-「Category Limitation」をクリックし、制限したいユーザの投稿させたいカテゴリにチェックを入れます。
・一度、保存すると、デフォルトで投稿させたいカテゴリが選択出来るようになりますので、選択して、再度保存します。
これだけでOKです。
なお、カスタム投稿を使っている場合の注意点などがサイトに記載されています。
こちらも目を通しておくといいでしょう。
ちなみに最新のWordPressで動作しました。確認済みです。
念のためですが、このプラグイン、ライセンスに関する記載がどこにもありません。
たくさんの方が既に使用しているプラグインですので、特にどうこうということはないかと思いますが、例えば改変して再公開、などという場合は先方へ問い合わせをされることをお勧めします。
[tmkm-amazon]4907237162[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest