Google Publisher Pluginがリリースされたので使ってみた

あちこちで取り上げられています「Google Publisher Plugin」。
Google公式のWordPressプラグインということで話題になっています。
せっかくなので私もインストールしてみました。

プラグインはWordPressの公式プラグインとして登録されていますので、管理画面の[プラグイン]-[新規追加]からインストール出来ます。
インストール後、有効にします。
ff5a4eceeb359c0d00fc0d73c1111d56
有効になると、[設定]内に[Google Publisher Plugin」が追加されます。
それをクリックすると下記画面が表示されます。
fb0ab765e0513bd5968698dba7cd7f04
[ご利用方法]ボタンをクリックします。
もし既にGoogleアカウントでログイン済みであれば、下記画面になります。
ログインしてなければログイン用の画面が表示されますのでログインします。すると下記画面が表示されます。
fedbe05e411fb9c4939813b88ee145cd
Googleアカウントにてサイト確認が完了すれば下記画面になります。
ece8589efac74237e08c1718eee457dd
[広告の管理]ボタンをクリックすると、広告設置に適した場所を検索し、表示してくれます。
こんな感じで。
23ccf6fcfd3976293188aadcd0137486
この赤い丸をクリックするとここに広告枠が表示されます。
枠の左下にある歯車をクリックすると、広告の形態(横長か縦長か真四角(レクタングル)か)を選択出来ます。
広告枠を指定した後、保存するとその位置に自動的に広告が入るようになります。
個別記事ページ、ページなどにも同様に指定が出来ます。
既にgoogleアドセンス広告が入っている場合はその個数を踏まえた数しか入れられません。
(1ページ辺り3つまで)
実際に使ってはみましたが、私の場合、本番で使用するには至っていません。
その理由として、このプラグインを使って広告を入れた場合、レイアウトがずれたり崩れることがありました。
なので、使う際は注意した方がいいかと思います。
いずれにせよまだベータ版としてのリリースですので、これからどんどんよくなっていけば利用者も増えるでしょうし、何より最適と思われる広告位置をgoogleさんが指定してくれるというのは設置する側としては非常にメリット高いと思います。
[rakutenitem keyword=’google’ sort_type=’0′ category=’200162′]Google広告[/rakutenitem]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest