Apple WatchとMacBook、リリース後の雑感などなど。とりあえず買わないけどね。

Apple WatchとMacBookが発売されて、まあまあ日数も経過し、私も見かける機会、触れる機会がそこそこありました。
このブログには発表時の印象しか書いていなかったので、その後の印象の変化などを少し。

img1004501
念のため、前置きを。
いずれも、そもそも見る前の印象が悪すぎて・・・というところはあるかもしれません。

Apple Watch / 思っていたよりも随分印象がよかった

Apple Watch、実物を見ると思っていたよりもよい印象。
本体やベルトの質感、触れた感じなど、全体的にそれほど悪い印象は受けなかった。
が、実際の販売価格を考えると、どうしても高額な印象は拭えない。
実物を見ても、購入した数名の話を聞いても、相変わらず用途が見えず。
オシャレの延長で・・・というアプローチをしたいのかもしれないが、まあ・・・私にはデザインのよさが感じられないのは実物見ても変わらず。
確かに通知が手首で閲覧できるメリットはある、様々な健康管理的なことができる、それは理解できる。
が、そういうことのために40,000円オーバーのお金をどれだけの人たちが出すのか、疑問しかない。
少なくとも私の目には未来が見えず。当初の予定通り買わないという結論。

MacBook / ニーズは間違いなくあるだろうけど、中途半端なスペックとキーボードが難点

MacBook、こちらは予想通りの印象。
賛否両論・・・というか、賛の方が多いキーボードだが、私はもう全然ダメ。
深い浅い以前に硬く感じる。しばらく打ってると「これ、腱鞘炎になるんじゃない?」と思えてくる。浅いなら浅いなりにもう一工夫必要じゃないかな、と思う。
まあキーボードの順応性は高い方なので、浅さには30分も打てば慣れてくるとは思うけど、腱鞘炎にはなりそう。
筐体の薄さと軽さはもう納得で、すごい!としか言いようがない、けど、あくまで予想の範囲内。薄さと軽さだけを考えると欲しいマシン。
でも、私の場合はスペックを考えるとメインマシンにもサブマシンにもなりえない、つまりはリスクが高すぎるので見送り。
確かに使ってみないと何とも言えないけど、まあ・・・私の用途ではこのバージョンは買えない。

どちらも必要な人はいるだろうし、ニーズが合う人にはもうバッチリじゃないか、と

ぶっちゃけると、期待感はゼロだったので、その分だけとても印象がよかった。
Apple WatchもMacBookも、必要な人・適合する人にはバッチリ適合するガジェットだと思う。
特にMacBookに関して言えば、私もやってる仕事がちょっと違ってたり、サブマシンでデザイン系を一切やらないのであれば買ってるでしょう。
実物を見る前よりも実物を見た方がよい印象になったのは事実だけど、だからといって「買う」というところに至らなかったのは、いくつか理由があるけど、いちばんの理由は「未来が見えない」というところかな、と。次は自分自身のニーズではない、というところ。
職業的にはどちらも買って試しておくべきなのも理解しているけど、それでも今回見送ったのには私にとってはそれだけ魅力がなかった、ということになる。
(真面目な話、魅力があるか、先が見えれば50,000円くらいなら買ってると思うし、MacBookも買ってると思う。こういうところの嗅覚は自分を信じているので)
基本的にはどちらも次のリリースに期待、というところ。
特にMacBookは次のリリースで化けるような気がしているので、次のリリースではもう少し前向きに検討できるかと思う。
ただ、実物を見てなくてあれこれ悩んだり、あれこれ言うならば、その前に実物は見て触っておいた方がいいと思う。
何かが変わる人もいるかもしれないし、欲しかったけど「あれ?」と思う人も、その逆もいると思う。
なので、まずはショップや持ってる人から見せてもらって触ってみて、それで判断してみてくださいませ。
[tmkm-amazon]4839955018[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest