来年に向けてミーティングアプリの見直しと今年最後の更新

などと書くほど更新していないのですが・・・

ミーティングアプリはあまり積極的に使っておらず、2年前までは基本はSkypeを使っていました。
しかし、2015年にSkype通話は盗聴可能、という話を聞いてからは、知人が提供しているちょっとしたVoIPシステムやチャットはこちらも知人が立てたIRCサーバを使っていた(というよりはどちらもメンテしていた)のですが、こちらも事情があり、今年で破棄となりました。
やはりこの手のシステムは必要だと思い、来年に向けて検討する事にしています。

いくつか既に候補はあるのですが。
1.チャットワーク
2.Slack
3.WhatsApp
4.Zoom
あとは、ハングアウトとFacetimeでしょうか・・・

ZoomはURL発行型なので初めてのクライアントさんなどによさそうです。
a.こちらからミーティングルーム用のURLを発行し、参加者に送付。
b.参加者はそのURLをクリックし、ミーティングに参加
c.40分以内であれば無料

WhatsAppは海外ではかなりデフォルトな存在になりつつある、と聞きます。
それは海外の事情もあるのですが、それでも利用者がかなり多いのにはきっと理由が。

Slackはエンジニア界隈では有名ですね。
私も使っています。

チャットワークは業務用のコミュニケーションツールとして利用者が増えていると思います。
私もたまにこれを指定されることがあります。

しばらくはこの4つを平行して運用してみようと思っています。
海外とのやり取りもあるので、多分、ZoomかWhatsApp辺りに落ち着きそうです。

もしこの辺りのアカウントをお持ちであればお気軽にご連絡ください。

そして、これが今年最後の更新となります。
なかなか更新がままならない1年でした。大変申し訳ありません。

業務の方はおかげさまで新規のクライアント様にも恵まれ、思わぬところから繋がったクライアント様もいらっしゃり、大変よい1年でした。
来年は自社メディアの方に力を入れていきますので、そちらもお楽しみに。

では、よいお年をお迎えください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい