OpenVZで、コンテナのメモリ容量割り当てを変える

[401] [401] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `401 Unauthorized` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#UnrecognizedClientException","Errors":[{"Code":"UnrecognizedClient","Message":"The Access K (truncated...)


書いていたつもりが書いてませんでした。すみません。

OpenVZを使っていて困るのがメモリ容量の割り当てです。
特にメモリ容量が少なくなった場合、VPSにログイン出来ないという事態が発生することもあり、ここはちときちんと設定したいところ。

親コンテナから下記コマンドで変更してください。

メモリの最低容量(起動時に確保する容量)
vzctl set vpsid –vmguarpages $((256 * 256)) –save
メモリの最大容量
vzctl set vpsid –privvmpages $((256 * 1024)) –save

「256 * 256」の後ろの数字が具体的な容量です。単位はMBになります。
従って、この設定であれば、最低容量が256MB、最大容量が1024MBとなります。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい