Mac OS X LeopardでApache+PHP+MySQLを稼働させる/1

Leopardを再インストールしたことでせっかく構築していた環境が死んでしまいました・・・

仕方がないので、再度構築しています。
構築する際のポリシーとしては
・ApacheはOS標準の[システム環境設定]-[共有]-[Web共有]から起動する
・MySQLもOS標準の[システム環境設定]から起動する
・Apache/PHP/MySQL以外の主なパッケージはMacPortsからインストールする
という感じでしょうか。

まず、MySQLのインストールから。

Mac OS X用MySQLのダウンロードページへ飛ぶ。
Mac OS Xのバージョン毎に細かくパッケージが分かれていますので、自分のマシンに合ったものをダウンロードして下さい。
ダウンロードしたらとりあえずパッケージを開いてみます。下記ファイルがあるかと思います。
mysql-〜-x86.pkg
MySQLStartupitem.pkg
MySQL.prefPane
ReadMe.txt

*.pkgファイルはいずれもクリックしてインストールします。
“MySQL.prefPane”をクリックすると[システム環境変数]へ設定表のアイコンが追加できますので、必ずクリックして下さい。

my.cnfをコピーしておきます。
まずはroot権限へ。(rootのパスワードが設定されていない場合はこちらを参照のこと)

# su

上記手順でインストールした場合、”/usr/local/mysql”へMySQLがインストールされていますので、下記コマンドで”/etc”配下へコピーします。

# cp /usr/local/mysql/support-files/my-medium.cnf /etc/my.cnf

“/etc/my.cnf”の必要箇所を書き換えます。

[システム環境設定]-[MySQL]で起動してみます。
「The MySQL Server Instance is running」と表示されれば起動しています。

起動後、再度ターミナルを開いて下さい。MySQLの管理用パスワードを設定しましょう。
パスワードはmysqladminというコマンドで設定します。

# /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root password ‘設定するパスワード’

パスワードは必ず半角英数で設定して下さい。大文字小文字を混ぜた方がベターです。
設定したパスワードは忘れないように。忘れたら以後MySQLを使った作業が一切出来ません。

設定後、MySQLを再起動しましょう。
[システム環境設定]-[MySQL]で[Stop MySQL Server]をクリック後、最後[Start MySQL Server]をクリックします。
無事にrunningが表示されれば問題ありません。

長くなりそうなのでこの辺で・・・

[401] [401] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `401 Unauthorized` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#UnrecognizedClientException","Errors":[{"Code":"UnrecognizedClient","Message":"The Access K (truncated...)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい