Mac OS X LeopardでApache+PHP+MySQLを稼働させる/2

さて、続きです。

次は標準でインストールされているapacheとphpの設定を変えてみましょう。

まずはphpからMySQLを操作できるようにします。
“/etc/php.ini.default”を”/etc/php.ini”へコピーします。

# cp /etc/php.ini.default /etc/php.ini

コピーした後、”/etc/php.ini”を開いて(viでも何でも構いません)、”mysql.default_socket =”というコードを探して、下記のように変更します。

mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock

他にも変更したいところがあれば、一緒に変更しておきます。

次にapacheの設定を変更します。
デフォルトではphpとリンクされていないので、リンクするようにライブラリを読み込みます。
“/etc/apache2/httpd.conf”を開きます。
次の行を探して、頭の”#”を削除して保存します。

#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

[システム環境設定]-[共有]-[Web共有]をONにします。

これで起動できたはずです。試しに[Web共有]をONにした時に表示されているURLをクリックしてみましょう。[http://IPアドレス/~ユーザ名]と表示されているかと思います。
「あなたのWebサイトです」と表示されればOKです。

次にphpの動作状況を確認しましょう。
適当にエディタを立ち上げ、次のコードを書きます。

< ?php phpinfo(); ?>

このコードを[ユーザ名]-[サイト]に”phpinfo.php”という名前で保存しましょう。

次に先ほど「あなたのWebサイトです」と表示させたURLの最後に”/phpinfo.php”を付けてブラウザで表示させてみましょう。
PHPのバージョン情報などが表示されればOKです。

これでひとまず、Apache+PHP+MySQLの環境が構築されました。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい