No Image

Adobe社がCreative Suite 6とCreative Cloudサービスを発表

Adobe社が期待のCSシリーズの次バージョン「Adobe Creative Suite 6」と期待の新サービス「Creative Cloud」を正式に発表しました。
いずれも2012年5月11日リリース予定となっています。
まずは料金に注目してみたいと思います。

ここではCS5/CS5.5それぞれからのアップデート、それにCreative Cloudを使った場合で料金比較をしてみましょう。

CS6 通常 5.5Master 5.5Master以外 5 3〜4
Master 319,000 64,500 129,000 129,000 174,000
Production 238,000 47,000 47,000 94,000 119,000
Design&Web 238,000 47,000 47,000 94,000 119,000
Design 159,000 33,500 33,500 67,000 85,000

Creative Cloudを使った場合、年間契約で月5,000円ですから、年間で60,000円です。
但し、2012年8月31日までに上記バージョンアップ対象のパッケージを持っていれば、月3,000円、年間36,000円で1年間だけ利用可能です。
いろいろと使う方であれば、Creative Cloudが安いでしょう。
Production PremiumやDesign&Web Premiumの場合、毎回バージョンアップするなら(バージョンアップ料金がこのまま、という前提ですが)2年目以降はパッケージの方が安くなります。
但し、Creative CloudにはiPadアプリやAdobeが提供するクラウドサービスの使用料も含まれます。ファイル共有サービスなども月額料金内で使用する事が出来ます(容量は決まっています)。
それぞれのアプリケーションの紹介はあまりに機能が多いのでここでは控えます。Adobeのサイトをご覧下さい。

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest