WWDC2012で新型MBPが発表。Retinaディスプレイ搭載で184,800円から。

今回は少し張り切ってしまいました、WWDC2012。きちんと2時に起きて、しっかりと最初から最後までチェック。
全体については他のサイトにお任せして、個人的に気になったところをピックアップしてみます。

MacBookAirMacBookProにIvy Bridgeが搭載されました。
それに伴い、USBが2.0から3.0へアップグレードされています。
MacBookAirの標準メモリが全て4GBになりました。BTOで8GBまで増設可能です。
Flash Diskの上限が512GBになりました。
MacBookProのグラフィックカードがAMDからNVIDIAに変更されました。GeForce GT 650Mです。
MacBookPro 13’/15’のメモリがオンボードになりました。従って、自分でメモリ増設が出来なくなりました
【訂正】メモリ変更が出来ないのはRetinaモデルだけです。申し訳ありません。
17’モデルが消えました・・・
MacBookPro に Retinaディスプレイモデルがラインナップされました。2880×1800ピクセルでIPS液晶の高解像度ディスプレイです。
ディスクドライブはFlashDisk、256GB〜768GBまでがラインナップされています。
メモリは8GBが標準、オプションで16GBに変更可能です。
CPUはクアッドコアのCore i7。Turbo Boost搭載。
Mountain Lionは7月に提供。1,700円。
他にもiOS6の話題などもありましたが、ここでは省略します。
期待されていたiMacの新モデルはなし。Mac Proは発表なしの軽いアップデートです。
期待がかなり大きかっただけに少々拍子抜けな感が否めないWWDCでしたが、MacBookProがリプレースされ、Retinaのラインナップが発表されたので個人的にはまあよかったかな、と。
とりあえずRetinaモデルを注文しました(笑)
[tmkm-amazon]B005Z9BYGK[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest