Twitterを使ってる人はメールアドレス検索の設定を見直した方がいい

OS X Mountain Lionがリリースされましたね。
私は UP-to-Dateプログラムを申し込んで大変な目に遭いました・・・それはまた後ほど書くとして。
今回のアップデート、目玉の一つはTwitter連携の強化です。
それに伴い、現在Twitterを使っている方は設定の見直しをしていた方がいいかもしれません。

By: Eduardo Robles Pacheco
今回より[システム環境設定]-[メール/連絡先/カレンダー]よりTwitterアカウントの登録が可能となりました。
Twitterアカウントを登録する画面の下の方に[連絡先をアップデート]というボタンがあります。
それをクリックすると、連絡先に登録してあるメールアドレスでTwitterアカウントを検索し、該当するアカウントが見つかったら連絡先に追加されます。
つまり、今までTwitterアカウントを知らなかった人がメールアドレスを基軸に検索され、見つかったら連絡先に追加されていきます。
使う側にすればすごく便利な機能ですよね。
でも、中には自分のツイートを見られたくなくてこっそりとやってる人もいるのではないでしょうか。
それがOSの標準機能で検索され、名前などの個人情報と括り付けられ・・・というのはちょっと・・・という人もいるかと思います。
そういう人はWeb上でTwitterのサイトを開き、アカウントを入力してログインします。
画面右上の人アイコンをクリックするとプルダウンでいくつかの項目が表示されます。その中の「設定」をクリックします。
その上の方に「他のユーザーがメールアドレスから検索可能にする」という項目があります。そのチェックを外して下さい。
これで検索されなくなるはずです。
いろいろな機能がOSレベルで搭載され、便利になるのはいいのですが、その反面、個人情報の管理をしっかりしておかないとどこでどう情報が関連付けされるか分かりません。
ちょっとだけ気を付けておきましょう。
[tmkm-amazon]4048866818[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest