Happy Hacking Keyboard Lite 2 for Mac セカンドインプレッション

さて、7月末に購入した「Happy Hacking Keyboard Lite 2 for Mac」(以下、HHKB)ですが、使用を始めてもうすぐ1ヶ月です。
購入時と今ではちょっと印象が変わってきました。その印象の違いを書いてみたいと思います。

By: Dan Foy
ちなみに購入時の記事はこちら。
Happy Hacking Keyboard Lite 2 for Macファーストインプレッション | OpenMediaLaboratory Blog
いい印象でしょ?(笑)
決して今でも悪い印象ではないのですが、使っていくとやはり問題というか、まあ個体差とも言えるかも知れませんが、そういうところが出始めています。

キータッチについて

「もう少し堅い方が好み」などと書いていますが、なんでしょうね、使っているうちに堅くなってきたような気がします。
過去、同様に使っていくうちに堅くなっていくキーボードがあったので、まあビックリしないのですが。
今ではもう少し柔らかい方がいい、という印象です。

たまにキーの反応が悪い

これはどうやらこの機種独特の現象らしいのですが。
キーを押下する際、キーの中心を押下しないと反応しないことがあります。
多いのが[Command]キー。何度も反応しないことがあります。これはちょっと気を付けないと・・・というか、改良してくれ、という感じでしょうか。

土台の傾きはあまり気にならないレベルに

前の記事にも書いたのですが、足の高さがずれているようで、キーを打つ度にカタカタと音がし、土台が動いてしまってました。
これはキーボードの下にビニールシートらしきものを敷くことでごまかしています。
これだけで何とかなるものですね、最近ではあまり気にしていません。
最悪は削ればいい話ではありますが。

それでも肩こりが減って、タイピングのスピードは上がってる

それでも肩こりは緩和されました。
ついでにタイピングのスピードは上がったと思います。

もう少し使ってみる

もう少し使ってみて、ちょっとどうにもならんなあ・・・という事態になれば買い換えようと思っています。
最近、ショップでMajestouchを触るのですが、こちらの方がどうもキータッチ含めよさそうですね。もちろん値段も高いのですが・・・
[tmkm-amazon]B004X4PC70[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest