2009年のApple界隈はiMacとMac miniのモデルチェンジに始まり、iPhoneの次期版発売など目白押し

マイクロソフトに引き続き、Appleです。

去年はかなり実績がよかったっぽいApple、iPhone 3Gの発売にMacBook/Proのモデルチェンジなど、既定路線も新規路線もうまく走った年だったのではないでしょうか。

apple今年のAppleですが、少々動きが鈍るのではないか?と思われます。
それでも年始に予想されているiMacとMacMiniのモデルチェンジ、MacProのモデルチェンジなどが行われ、iPhone nanoの発売など、それなりに動きの大きい一年になるかと思われます。

なお、最も期待の大きいNetBookの発売ですが、あまり意味がないので、恐らく「ない」のではないか?と思われます。どちらかといえば廉価版のMacBookの方が可能性が高いでしょう。

ここ最近のApple製ハードウェアは少々手抜きというか、安価なパーツを使った結果の初期トラブルやスペック以下の性能しか発揮されない状況が見られます。そろそろ、きっちりとパーツレベルから作り込んで欲しい、特に画面周りには気を遣っていただきたいところ。ノート系やiMacは、ただでさえモニタが選べませんので、ちと考えて欲しいところです。

最近メディアで懸念されているのがスティーブ・ジョブス氏の健康問題です。
Appleを立て直したのはやはりスティーブ・ジョブスです。生けるカリスマの身体に何か起きた時、Appleはどうなるのか、その次期は近いのか、遠いのか、注目すべき点の一つです。

個人的にはiMacへのCore2Quad搭載を期待しています。
次期デスクトップはiMac、またはスペック次第ではMacMiniを検討したいと思っていますので。

[401] [401] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `401 Unauthorized` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#UnrecognizedClientException","Errors":[{"Code":"UnrecognizedClient","Message":"The Access K (truncated...)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい