Active Directoryと連携するクラウド型ファイル共有サービス「Amazon Zocalo」は企業のファイルサーバを全て呑み込める?!

今日になってちょっと大きめのニュースが流れてきました、またAmazonがやってくれました。
Amazonが企業向けクラウド型ファイル共有サービスをリリースしたそうです。その名も「Amazon Zocalo」。
ちょっと詳しく見てみます。

[速報]「Amazon Zocalo」発表。企業向けDropBox的なファイル共有サービス。月額5ドルで200GBを利用可能 | Publickey
Amazon、クラウド型ファイル共有コラボサービス「Zocalo」でBoxやDropboxに対抗 | ITmediaニュース
d02b34e7a4f49951ee9feb3f8ad675f6_m
ITmediaニュースから引用してみます。

米Amazon.com傘下のAmazon Web Services(AWS)は7月10日(現地時間)、企業向けのクラウド型ファイル共有/コラボレーションサービス「Amazon Zocalo」を発表した。現在Zocaloのページで限定プレビューに申し込める。

このサービスのいちばんの大きな特徴は「Microsoft社のActive Directory(以下、AD)と連携できる」点にあるでしょう。
つまり、ADで管理しているユーザ情報がそのまま「Amazon Zocalo」でも使えますので、ユーザ情報の二重管理を防ぐことが出来ます。
記事の中ではどこまでリアルタイムに対応しているのかなどは分かりませんが、AD側でユーザの追加・削除などを行うとそれがそのまま「Zocalo」側に反映されるととても魅力的です。
(ADはLDAPを拡張したものと言えますので、もしかするとLDAPサーバとも連動できるかも知れません)
※ちなみに、Microsoft社の「Office 365」でもADとの連動を行う仕組みは提供されていたかと思います。
気になる価格ですが1ユーザ 5ドル/月で200Gバイトまでのストレージを利用可能だそうです。
オンラインストレージはどんどん大容量・低価格な方へ進んでいます。
このままいくと企業が社内にファイルサーバを置く必要がなくなる時代が来るかも知れません。
(個人的には全てのファイルをオンラインストレージに置くことは全く推奨してませんが・・・)
いろいろと見極めが必要になってきましたね。
[tmkm-amazon]4844329804[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest