気になったWordPressのテーマ/ 2014年7月 – basix / Convertible / Harest

久しぶりにWordPressのテーマをご紹介します。
仕事用オフィシャルサイトで使用することをほぼ決めているテーマです。
散々いろいろと探してようやく見付かった、そんな感じです。

お仕事用サイトは出来るだけフルスクラッチで作りたいのですが、それだとどうしてもデザインもテーマ作りも幅が狭くなってしまいます。
それに最近のWordPressテーマはかなり出来のいいものが増えてきました。
また、私にはないアイデアのテーマもたくさんたくさんあります。
今回ご紹介するのは3本です。

basix – Corporate WordPress Theme

basix-intro-graphic-v1
最初にご紹介するのは「basix – Corporate WordPress Theme」です。
まずは上記より[Live Preview]を見て頂きたいのですが、とてもシンプルかつ上品なデザインです。
トップページもとてもシンプルで、分かりやすく、かつ妙なギミックもありません。
最近の有料テーマでは当たり前になってきましたが
・レスポンシブデザイン対応
・Retina対応
です。
ちょっと残念なのは「SEO Ready」の表記がないことですね。コードを見ても対応しているようなコードではありません。
価格は $45。ThemeForestにて発売中です。

Convertible | Business WordPress Theme

00_preview.__large_preview
次にご紹介するテーマは「Convertible | Business WordPress Theme<」です。
こちらはとにかく「Clean」が売りのようです。
確かに画面はとてもクリーンなイメージ。
いちばん気になったのは「Google Headshot」対応、という記述でしょうか。どうやらこのサイトでレーティングされた内容がGoogleの検索結果にも反映されるようです。
また、もちろんですが「SEO Ready」を謳っています。
このテーマ、子テーマのサンプルも同梱されているとのこと。
テーマをそのまま使うわけではなく、少々デザインなどを変更したい場合にはとても便利かと思います。

Harest – Responsive Multi-Purpose Theme

最後にご紹介するのは、赤がとても印象的な「Harest – Responsive Multi-Purpose Theme」です。
Preview_Harest.__large_preview
このテーマのデザインも個人的にはとても好きです。
業務用サイトにはとてもいいデザインだと思います。
こちらも
・レスポンシブデザイン対応
・Retina対応
・SEO Ready
・Power Builder
と最近のトレンドを一通り捕まえている感じです。

今回ご紹介したテーマの傾向

今回ご紹介したテーマは全て $45 です。
$55のテーマを選ぶともっといろいろあるのですが、今回はあえて$10落とした金額のテーマを選びました。
金額が上がるとどうしてもテーマそのものの構造などが複雑化しているような気がしています。
あえてデザインも構造もシンプルなテーマを選ぶ、というのも考え方としてはありな気がします。
さて、どのテーマを使いましょうか・・・・

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

宮内 隆行, 西川 伸一, 岡本 渉, 三好 隆之
Amazonの情報を掲載しています

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest