Samba3.3.0リリース、クラスタ対応と管理機能を強化

sambaここ数年、全く使っていない「Samba」。
Sambaとは、Linux/FreeBSD等のUNIXマシンをWindows互換ファイル/プリントサーバに仕立て上げる素晴らしいソフトウェア。
ライセンスはGPLv2 / GPLv3となります。

昔は同じWindowsでもNTや2000が共存していると日本語ファイル名が使えなかったり、たまにプッツリ通信が途絶えたり、いろいろ面倒なこともありましたが、そこそこ安定し始めて、ドメインコントローラの役割まで果たせるようになったか、ならなかったか、その辺りで使わなくなりました。理由は何てことはない、使う環境がなくなったからです。

4になるとActiveDirectoryに対応するらしいですし、現状でも既にクラスタリングに対応している様子。
ActiveDirectoryを使う必要がない、それなりの規模の企業さんなどにとっては魅力的な選択肢かもしれません。

でも最近はNASもだいぶ下がってきてますからねぇ・・・わざわざSambaインストールしてごにょごにょするのも時間と労力の無駄なような気がします。

[401] [401] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `401 Unauthorized` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#UnrecognizedClientException","Errors":[{"Code":"UnrecognizedClient","Message":"The Access K (truncated...)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい