By: Wicker Paradise

ネット商取引「ドロップシッピング」出店者の被害続出


ネット商取引「ドロップシッピング」出店者の被害続出(URL変更)
この記事読むと騙す方も騙す方だが騙される方も騙される方だな・・・と思っています。
日本人のネットリテラシー不足が如術に現れたような気がする。

ドロップシッピングとは?

By: Wicker Paradise
ドロップシッピングとは、アフィリエイトの一歩進んだもので、こちらではサイトなどを準備し、商材は業者が準備、業者が紹介した商品の中でこちらが「売りたい」と思ったものをサイトに掲載していき、売れたら業者が発送。発送手数料などを業者が抜いて、残った売り上げをこちらがもらう、という方式。
つまり、売れるかどうかはサイトの出来などが大きく関係してくるわけです。
売るためのプロモーションはもちろん業者側が行う場合もありますが、基本はこちらで行う必要があります。

ここを理解した上で今回の条件を考えてみる

それが
・ショップは準備してくれる
・商品は発送してくれる
・なので初期費用として200万程度下さい
というのは正直「すごくまともな話」のような気がします。

問題は「商品を発送しない」点のみ

要は問題はその後の対応であって、「商品を発送しない」というのはそりゃあ言語道断であって、業者側に落ち度があるのは明白です。
しかし、その手前の「売れない」とか「初期費用が高すぎる」とか、そんなんは納得ずくでしょう、普通。というか、ここで納得ずくでないところが「ネットリテラシー不足」と言えるのではないでしょうか。
内容を見てみると「全く巧妙感がない」ように感じる。これで契約するかい?と思ってしまいます。

「ドロップシッピング」という商法そのものはそれほど怪しいものではありません

一応フォローしておきますと、「ドロップシッピング」という商法については、本来は全く怪しいモノではありません。
ただ、「ドロップシッピング」という商法に乗っかって、怪しい商売をしている業者がそこそこ現れている、ということになるのではないでしょうか。
もう少し荒っぽく書いてみると、まだ「ネットで億万長者」ということが「濡れ手に粟」的な捉え方をされていて、ただ単にメールでの対応をするだけでお金がもらえる、なんてものに乗っかる人がまだいる、というだけでしょう。
もう、そう簡単にネットでお金稼ぎは出来ませんよ、マジで。

ドロップシッピングの達人養成講座

ドロップシッピングの達人養成講座

上田 淳子
1,848円(10/16 13:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest