サーバの選び方・専用サーバと海外サーバ

さて、今回は専用サーバの選び方と国内・海外サーバの選び方について書いてみます。

専用サーバの場合

By: Official Navy Page
専用サーバの場合、スペックなども大事ですが、他のサービスよりも「サポート」を重要視する必要があります。
専用サーバを導入検討するということは、それなりの規模のサービスなりサイトなりを運用している、ということですので、やはりサポート体制が重要になります。
日本の場合、「土日祝祭日はサポートしません」というところが比較的多く、特に安価なサービスはほとんどがこういう内容です。
せめてサーバのリブートくらいはやってくれるところでないと、利用するには厳しいです。
提供しているサイトやサービスにもよりますが、こういう点は必ずチェックしておくことをオススメします。
また、専用サーバほど価格に差があるサービスはありません。
安いところは月6,000円くらいから、高いところは数十万円というところまで、本当にピンからキリまであります。
そうなると、サーバスペックはもちろん、バックボーンとなる回線の太さや設置場所などを考慮して選ぶことになります。
国内専用サーバのオススメは非常に難しいです。専用サーバは私も今までそれほどたくさんのサービスを利用してきたわけではないし、やはり用途というものが大きく影響してきます。
利用者が多いところ、サービスを長く続けているところを選ぶのが失敗が少ないかも知れません。

海外サーバと国内サーバ

これだけ国内のレンタルサーバ業者が充実しているのに、あえて海外のサーバをレンタルする必要があるのか?と思う人も多いでしょう。
レンタルサーバに関しては海外が日本よりも随分と先行しています。価格もこなれていて、サービスも日本のものより充実しています。
Xeon 4core/メモリ16GB/HDD 1TB/100Mbps接続で、今のレートで8,000円/月くらい。まとめて払えばもっと安くなります(例えば、半年まとめてだと全部で43,000円、月割りにすると7,000円くらい)。
海外のサーバで嬉しいのは、表に出ている価格表記が「最も安い時」ではなく「最も高い時」のところが多い点。つまり、表記価格から支払い方法によっては安くなっていくところが多いようです(もちろん全てがそういうわけではありませんし、あくまで私見ですが)。
私の場合は海外で専用サーバをレンタルし、それをKVMなどでVPS化しています。
日本で同じようなことが出来るサーバをレンタルしようと思ったら、まあ・・・それなりの金額になりますが、恐らくその半額程度で済んでいるのではないでしょうか。
また、日本国内に置くには法的に微妙なサイト、少し自分の身分を隠したいようなサイト、特にアダルト系のアフィリエイトなどをやりたい場合、専用サーバに限らず、海外のサーバを使う方が安心かも知れません。
ただ、問題は「距離」と「言葉」です。
私のサーバはアメリカ西海岸寄り、ラスベガスにあります。ということは太平洋を渡っているわけで、必然的にその分、速度遅延が発生します。
それでもアメリカの他社よりは比較的速い回線だと思います(pingで計測して140〜150ms程度)。
東海岸にあるサーバなんて、もっと遅いですし、以前、ダラスのデータセンターに置いてたサーバは220msとかそんな感じでした。
もちろん海外ですので、英語であったりフランス語であったり、サーバ会社があるところの言語でやりとりを行うことになります。
申し込みなどはさほど難しくありません。フォームの内容に沿って記入すれば何の問題もありません。
問題はトラブルが起きた時のやりとりです。もちろん私の場合は英語でのやりとりになります。英語の読み書き、少しは出来ますが、それでも翻訳サイトに頼っています。
逆に言えば、翻訳サイトを通せば、ある程度意味は理解できるし、翻訳サイトを通すことで相手に分かるような英語を書くことも出来ます。
まあ、支払いとか解約で揉めると大変ですけどね・・・ほんとに。特に支払い関係はかなり雑です。
やりとりはそれなりに労力を使います。こちらが伝えたいことがうまく伝わってないこともありますし、お互いの意思が確認出来るまでは大変です。
なので、こちらが理解できるまで確認しています。
あ、たまに日本人スタッフや日本語が分かるスタッフがいるところもあるので、一応確認してみるといいでしょう。
それでも価格とサービス内容を考えれば、用途によっては海外サーバがよいケースも少なくないでしょう。
私も現在、海外にいくつかサーバを借りています。それはやはり用途とスペックによっては費用対効果が高い、というのが大きな理由です。
と、3回に渡って、サーバのことを書いてみました。
一昔前と違って、本当に選択肢がたくさんある、とてもいい時代になったと思います。
これを機会に、ご自身のサイトの環境を少し見直してみるのもいいかもしれません。
[tmkm-amazon]4798121401[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest