Mac App Storeからのアップデートで「ほかのアカウントで使用可能なアップデートがあります」と表示された場合

ふと思ったら、最近アプリのアップデートが来てないな、と。XcodeやiBooks Authorのアップデートは来てるはずだけど・・・と思い、Mac App Storeを立ち上げ、「購入済み」のタブを開くとやっぱり[アップデート]の文字がありました。
それで[アップデート]ボタンをクリックしたら「ほかのアカウントで使用可能なアップデートがあります」というダイアログが表示され、アップデートできません。
そんな事が果たして多いのか少ないのか分かりませんが、対処方法を書いてみたいと思います。

By: ashton
まずはMac App Storeを一度終了します。
私の方法は全てターミナル上で行います。ターミナルを起動して下さい。
ターミナル上で次のコマンドを入力します。
[bash]
sudo mdutil -E /
[/bash]
パスワードの入力を求められますので、ログイン時に入力、もしくはアプリのアップデートなどを行う時に入力するパスワードを入力して下さい。
もしこのコマンドを入力して
[bash]
Indexing disabled.
[/bash]
と表示されたら、Spotlightが有効になってないかと思います。
次のコマンドを試して、Spotlightを有効にして下さい。
[bash]
sudo mdutil – on /
[/bash]
このコマンドを入力して
[bash]
Indexing enabled.
[/bash]
と表示されたら、再度
[bash]
sudo mdutil -E /
[/bash]
と入力して下さい。
その後、Mac App Storeを起動して、アップデートを試してみて下さい。
いつこのような現象が起きるか分かりませんので、覚えておくといいかと思います。
[tmkm-amazon]4839944296[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest