WordPressをちょっとだけチューニングしてみる

このブログ、アクセスが少々増え気味になってきていて、どこで頭打ちになる不安なのですが・・・
頭打ちになる要素として、アクセス負荷の問題もありそうです。というか、キャッシュ系のプラグインはほとんど入れていません。
それもちょっとアレなので、ここで少しだけチューニングしてみたいと思います。

現状・・・何もしてないわけではないです

By: IvanWalsh.com
さて、その前に現在、キャッシュ系や速度向上系でどういうのをインストールしているかと言いますと。

001 Prime Strategy Translate Accelerator

WordPressを日本語化するのに必要なmoファイルをキャッシュしてくれるプラグインです。
意外とサイズも大きく、読み込みに時間がかかるのがこのmoファイル、これをキャッシュしてくれるだけで体感はだいぶ違います。
同様のプラグインにmo cacheというものもあります。

Amazon S3 and CloudFront

Amazon S3に画像ファイルなどを転送し、画像ファイルへのアクセスを全てAWS経由にしてくれるプラグインです。もちろんCloudFront経由でも可能です。
以前は単体利用が可能でしたが、最近のアップデートで「Amazon Web Services」プラグインが必要になりました。
と、アクセスアップ系のプラグインはこれだけです。サーバで何かやってるわけでもありません。
この状態でのGTMetrixでの計測値は下記の通りです。
Latest_Performance_Report_for__http___blog.openmedialabo.net____GTmetrix
それほど悪くないですね。

とりあえず定番のwp super cacheでも入れてみる

とりあえずは定番中の定番である「WP Super Cache」をインストールしてみました。
まずはインストールして有効にして、キャッシングをONにしてみました。
それ以外は何もしていません。
Latest_Performance_Report_for__http___blog.openmedialabo.net____GTmetrix
うん、速度落ちたね(苦笑)・・・・

CDN Sync Toolを使ってみる

このまま引き下がるのもアレなので、WP Super Cacheの管理画面でお勧めされたCDN Sync Tool(ページが消えています)を使ってみることに。
主要なファイルをAmazon S3などに保存し、アクセスするようにするらしいです。
インストールしてみました。
・・・・CDNにコピーしなくていい、って言ってるファイルまでコピーしてやがる・・・
というところまででとりあえず断念。
CDN Sync Toolはひとまず停止しています。
体感はちょっと変わったので、Super Cacheの効果はあるのかな、とは思っていますが・・・
[tmkm-amazon]4844362526[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest