No Image

このタイミングでMacBook Air 13'を購入した理由とその感想

なぜかこの時期にMacBook Air 13′(mid 2013)を購入しました。
購入した理由は単純なのですが、自身の備忘録も兼ねてメモしておきたいと思います。

改めて MacBook Air 2013モデルの売りを復習

MacBook Air 2013モデルが発売開始された時に主に取り上げられた「売り」は以下になります。

SSDが爆速

今回、SSDがPCI Express仕様のNGFFによる接続、ということで、発売時点からSSDの速度が話題になりました。
書き込み/読み込み共に700MB/秒を超える速度というのはなかなか想像しづらいです。
正直、購入後まだ実感していません・・・

Haswellを搭載しているので、バッテリの持ちがいい

Intelの最新チップセットである「Haswell」を搭載しています。
ですので、バッテリの持ちがいいです。しかもMarvericksでは「タイマーコアレッシング」機能でよりバッテリが持つ可能性もあります。

無線LANはac対応

無線LANは802.11ac対応です。ac対応のシステムがこれから主流になると思われますので、まさに先取りです。
と、だいたいこんな感じでしょうか。

私がこの時期に買い換えた理由

Mavericksを見越して(半分うそ)

購入してから気付きました・・・・
最新OSを使うなら最新のマシンよね!というわけではありませんが、Haswellへの最適化がされていると思われるMavericksを最新マシンで使用出来るメリットは大きいかと思います。

使っていたAir 11’を家族に譲った

いちばんの理由はこれですね。相方へAir 11′ 2012を譲りました。
事情があって、相方も私も宿泊を伴う移動が増えそうなので、彼女にもモバイルマシンを持っておいた方がいい、ということでAir 11’を譲りました。

そろそろメインマシンを持ち歩くのを辞めたい

もう一つの大きな理由はこれです。
MacBookPro Retina 15’をメインマシンとして使っているのですが、そろそろメインマシンを持ち歩くことを辞めたい、と思っています。
そうなると、自宅でのメインマシンがAir 11’だったのですが、正直なところ、デザインなど私が行う作業で11’はメインマシンとしては厳しいです。
なので、このタイミングで13’を購入することで、Retinaは仕事場に据え置きできます。

22日まで待てばいいのに・・・

購入した日、ある方にも「なんでこのタイミングで?」と言われました・・・
2013年10月22日に何らかの発表がある、という話は聞いていましたが、ここでAirが再度リプレースされることはないだろう、ということです。
実はRetinaもあまり調子が良くないので、22日まで待ってRetinaを・・・というのも選択肢にはありました。
しかし、Retina買い換えでは、「メインマシンを持ち歩きたくない」という理由については、ある意味本末転倒となってしまうのと、次のメインマシンはRetinaだけではなく、iMacも含め、もう少し慎重に検討したいと思っていますので、見送りました。

要するに22日まで待つと悩む可能性が高いのです・・・

22日まで待つと、かなり悩む可能性が高く、現段階でこれ以上悩みたくないので・・・・

Air 13’を購入した感想

結果として、Air 13’を購入してよかったと思ってます。
購入したスペックは
 Core i7 / SSD 512GB / Mem 8GB
ショップ販売モデルの最上位です。
SSDは256GBでよかったのですが、Core i7だとショップには512GBしかなかったので、これにしました。
現在、ヒマを見てセットアップを進めていますが、11’と比べると画面サイズの違いをヒシヒシと感じています。これならサブマシンとしてかなり使えそうです。
カバーも購入したので、バリバリと持ち歩いて使いたいと思います。
[tmkm-amazon]B00DCMAHUG[/tmkm-amazon]
[tmkm-amazon]B008N7F1IS[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest