PhotoshopでWebデザインを始めたい人も始めてる人も「神速Photoshop Webデザイン編」

FireworksのアップデートがCS6で止まる、という発表を受けて早〜年?
何度かPhotoshopでWebデザインをやろうとチャレンジしていたのですが、どうもしっくりこなくてズルズルとFireworksを使っていました。
そんな私がこの本を読んだ後に実践してみると、なぜかスムーズにPhotoshopに移行出来そうな感じになっているのでご紹介します。

By: カストロール 1号

とても丁寧に書かれている印象の「神速」シリーズ

一昨年末辺りからアドビ関係のソフトウェアに関する解説本?Tips本?としてリリースされている「神速(しんそく)」シリーズ。
気になっていてなかなか買ってないのですが、これは買わざるを得ないだろう、と思ってとうとう買ってみました。
[tmkm-amazon]B00IZXAWBQ[/tmkm-amazon]
このシリーズ、何度か書店で軽く立ち読みしていたのですが、非常に丁寧に作られている印象を受けていました。
それだけに中途半端な気持ちではなかなか購入に踏み切れず、初めて買ったのがこの「神速Photoshop Webデザイン編」。
今回は電子書籍版を買いました。

基本は「単純作業を如何に省力化して、クリエイティブな時間を作るか」

このシリーズの一貫したコンセプトが「単純作業の省力化」をすることで「クリエイティブなことに使える時間を増やすか」ということです。
ショートカットを使ったり、普段あまり使わないような機能を使って、どれだけ作業を減らすか、だったり、それでいてクォリティを落とさない、そういう方法が解説されています。
しかも解説しているのは現役でプロとして活躍している方々ばかり。
プロならではのテクニックを余すところなく解説しているのがこの「神速」シリーズになります。

Webデザインを始める上での「準備」テクニックから解説

非常に助かったのが「PhotoshopでWebデザインをやりやすくするための”設定”方法」が掲載されていたこと。
別の本でも同じような内容は掲載されていて、そちらは実践していたのですが、なぜか今ひとつな感じだったのですが、こちらの設定を試したところ、なぜか非常に使いやすくなりました。
具体的に設定を書くとアレなので、是非本を読んでみて下さい。

Webデザインに特化したTipsが多いが、他に応用が利く内容も

「Webデザイン編」と名乗っている通り、基本はWebデザインに特化した内容になっていますが、通常のデザイン業務でも使える内容も多々あります。
特に「画像補正」や「レイヤー操作」に関する内容は他の業務でも応用できる内容でしょう。

非常に手間のかかる「画像補正」も神速でサックリ時短

画像補正は真剣にやると本当に時間が掛かります。
しかし、これをやるかやらないかで最終的なクォリティが大きく変わることも多く、手をなかなか抜きづらい工程の一つです。
この部分でもしっかりと「テクニック」を盛り込むことで作業を減らす方法が書かれています。

プラグインやエクステンションの解説も充実

Photoshopといえば、いろいろなプラグインやエクステンションを駆使することで様々な作業の自動化や単純化、機能付加が出来るソフトウェアでもあります(意外と知らない人も多いのですが)。
そういったプラグインの中でWebデザイン向けのものを使い方と共に解説してくれています。
これ便利!
早速いくつか組み込んでみました。
プラグインについては実際に使い込んでみて解説が書ければいいなあ・・・と思っています。

PhotoshopでWebデザインを!と考えている人も既に実践している人も手元にあると便利な1冊

私の場合、PhotoshopでWebデザインしようと思って何度も挫折をしているのですが、この本のおかげでやっと移行出来そうです。
私のようなデザイナーは他にもたくさんいらっしゃると思いますが、是非一度この本を手に取ってみて下さい。
また、既にPhotoshopでWebデザインを行っている方の中にはかなりの自己流でやってらっしゃる方も多いかと思います。
なかなかこういう具体的な使い方は人に聞きづらいものですが、そういうことも結構載っているかも知れません。
是非お手元に1冊。電子書籍版、便利です。
[tmkm-amazon]B00IZXAWBQ[/tmkm-amazon]
グラフィックデザイン編はこちら
[tmkm-amazon]4048706675[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest