footer_php_—_newblog_openmedia

Dashとsublime text 2を連携させて、直接リファレンスを検索してみる

さて、前回、AlfredとDashをインストールしました。
Alfredを起動し、コマンド入力するとDashのDocsetを検索し、表示するという素晴らしい環境が出来ました。
今回はこれをもう一つ推し進め、sublime text 2と連携させてみたいと思います

方法は簡単で、sublime text 2にDashと連携させるためのPackage「DashDoc」があります。

Package ControllからDashDocをインストールする

まずはCommand Paletteを起動します。
Mac OS Xは[command]+[shift]+[p]
Windowsは[ctrl]+[shift]+[p]
それぞれキーが違いますので注意して下さい(特にMac)。
そうすると下記画面が表示されます。
footer_php_—_newblog_openmedia
コマンド入力できるようになっていますので”package”と入力すると”Package Control: 〜”というコマンドがいくつか表示されます。
その中の”PackageControl: Install Package”を選択します(下図)。
footer_php_—_newblog_openmedia_と_新規投稿を追加_‹_OpenMediaLaboratory_Blog_—_WordPress
すると下記画面が表示されます。ネット上からデータを引っ張ってくるので表示まで少し間があります。
footer_php_—_newblog_openmedia
ここに”dashdoc”と入力すると、まだインストールしてなければ「DashDoc」という項目が表示されますので、マウスで選択し[enter]キーを押します。
インストールが始まり、すぐに終わります。
citroen-ds-164824

Dashの呼び出し方

Dashの呼び出し方は簡単で、Sublime Text上で調べたい関数の上にカーソルを置き、[ctrl]+[h]を押すとDashが起動し、リファレンスを表示します。もちろん検索したいDocSetがインストールされている前提ですが。
例えば、”wp_nav_menu()”を調べたい場合、wp_navi_menu()コマンドの上で[ctrl]+[h]を押します。
wp_nav_menuをdashで調べる1
するとすぐに下記画面が表示されます。
wp_nav_menuをdashで調べる2
これで連携完了です。
簡単ですね。
この連携で随分とリファレンス検索が楽になると思います。
是非お試し下さい。

ネット社会を生き抜くためのWEB検索

ネット社会を生き抜くためのWEB検索

山岡 裕之
100円(10/05 18:38時点)
発売日: 2013/12/23
Amazonの情報を掲載しています

Share this post