VirtualBox + Vagrant + vccwで日本語WordPressをインストールする

世間はお盆休みです。当方もお盆休みですが、こういう時にいろいろな環境を整えておくのがだいたい毎年の決まりとなっています。
今年はWordPressのプラグインやテーマの開発環境を整えています。
そこでちょっと悩んだのでメモ代わりに残しておきたいと思います。

そもそも、この本を買ったのがきっかけで、またVirtualBox + Vagrant + vccwで開発環境を作ろうと思いました。

The AWS Access Key Id you provided does not exist in our records.


とりあえず電子書籍版をご紹介。

実は1年近く前にも同じ環境構築に挑戦していて、その時はイマイチ理解してなかったのですが、今回は比較的スムーズに全体構造の理解まで進みました。

しかし、前回同様、一つの壁が。
インストールされるWordPressが英語・・・・

でも簡単に解決しました。
ダウンロードなりgitで取得してきたファイルの中に”Vagrantfile.sample”があります。
通常はこれをコピーなりして”Vagrantfile”というファイルを作ります。
この”Vagrantfile”の中に

WP_LANG              = "en_US" # WordPress locale (e.g. ja)

という行がありますので、この”en_US”を”ja”に書き換えて”vagrant up”するだけです。

これで日本語環境のWordPressがインストールされます。

他にもホスト名やIPアドレスなどを変更することも出来ます。

一度、この”Vagrantfile”は眺めておくといいかと思います。

紙版はこちら

The AWS Access Key Id you provided does not exist in our records.

photo credit: Eric M Martin via photopin cc

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい