10日に発表されたMacBookについて、少しだけ前向きに考えてみる

先日の記事でちょっとだけ酷評気味にMacBookのことを書きました。
でも、まあ、いろいろと頭を巡らしてみると、それほど悪くもないかも、と思い始めています。
いや、私が買うとか買わないとか、そういう問題ではないですからね。

photo-1414849424631-8b18529a81ca

「薄くて軽いが正義」な人にはもってこい

「薄くて軽いが正義」な人は一定数いらっしゃいます。
ノートパソコンが「分厚くて重い」と持ち運びに大変です。
なので、頻繁に持ち運ぶ人には素晴らしいマシンの一つになるかと思います。

ヘビーな使い方をしない人にはもってこい

普段の主な用途がブラウザでサイト閲覧とブログなどの執筆活動などであれば特に問題ないでしょう。
後はちょっと写真の編集をしてサイトにアップしたい、とか・・・
そういったヘビーではない使い方をメインに考えているのであれば問題ないのではないでしょうか。
CPUパワーが今ひとつ見えにくいのでアレですが、もしかするとLightroomでの現像くらいであればこなせるかもしれません。
そうなると写真撮る人たちの初期現像的な用途でも使え・・・ませんかね?
確かにSDカードスロットなどがありませんが・・・無理ですか

MacBook Airの中で不満な点が画面がRetinaじゃない点だけ、という人にはもってこい

まあ・・・私のことなのですが。
MacBook Airを使っていて、不満がモニタだけ、という人、少なからずいらっしゃるでしょう。
そういう方には非常に向いているかと思います。
ただ、いろいろ考えてみたら、そういう人ならMacBook Pro 13インチの方がいいかもしれませんね・・・
私もサブマシンのベストは13インチRetinaな気がしてきました。

MacBook 12インチの登場で選択肢が増えた気がする・・・

何だかんだ言っても選択肢が増えた気がするのは私だけでしょうか。
ただ、その選択肢の幅が狭い、というのが少々問題かな、と。。。。
こちらの記事も宜しければご覧下さい。
2015年3月10日(日本時間)のAppleからの発表について雑感 | OpenMediaLabo Blog / Apple,カメラ,プラモデルの情報など

正直、こっちの方がいいかも。
[tmkm-amazon]B00KQ5AAUY[/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest