dnscacheのインストール

< ![CDATA[あるサーバで稀に名前解決出来なくなる場合が発生しました。
このサーバ、サーバ上にDNSのキャッシュを設けていないため、サーバ会社が提供しているDNSを見に行くのですが、どうやら時々そのDNSが調子悪くなるようです。

仕方ないので、自分のサーバ上にDNSキャッシュを設けることにしました。

djbdnsをインストールしているので、使うのはdnscacheです。まず、専用アカウントを追加
 例:dnscache

dnscache-confを実行
  dnscache-conf dnscache dnslog (起動ディレクトリ) サーバのIPアドレス
 この場合のdnscacheは専用アカウント名です。
 dnslogはログ保存用アカウントです。djbdnsのものをそのまま使って下さい。
 例:dnscache-conf dnscache dnslog /etc/service/dnscache 127.0.0.1

このディレクトリをsvscanが監視しているディレクトリにリンク張ります。
 例:svscanが監視しているディレクトリを/serviceとすると
  ln -s /etc/service/dnscache /service

その後の設定はこちらが詳しいです。]]>

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい