Snow LeopardではNTFSをサポートしてるらしい

まだ試してないのでメモ書き程度ととらえて下さい。

どうやらSnow LeopardではNTFSボリュームへの書き込みをサポートしてるらしい。

どうすれば動作するのか、というと、/etc/fstabに次のように記述をする。

LABEL=NTFS none ntfs rw

“LABEL=”の”LABEL”にはボリューム名を記述する。

/etc/fstabファイルは存在しないと思うので、新たにテキストエディタ辺りで作成する必要があります。

検証して結果を報告します。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい