当方では一貫して小手先のSEO対策は行っていません。SEO対策の基本はクライアント様がコンテンツを作ること。

「エムティ・デザイン」を始めた当初、つまり9年前より、当方ではいわゆる一般的な「被リンク」「キーワード」タイプのSEO対策は行っていません。正確には「過剰な」という言葉を付けた方がいいかもしれません。
これは一貫しています。

そして、ようやくそういった「過剰なSEO対策がまずい」ということが一般的になってきた印象を受けています。

では、「今の」「これからの」SEO対策とは?

SEO対策は常に「コンテンツを作り込むこと」

SEO対策は常に「コンテンツを作り込むこと」だけです。
どういう情報を閲覧者が求めているかを把握し、ニーズに応えたコンテンツを提供する、それだけです。
小手先のテクニックはその後の話です。というか、もう以前のような小手先のテクニックは不要、と言ってもいいかもしれません。

閲覧者のニーズを拾い上げる

自社が出したい情報と閲覧者が求めている情報は一緒というわけでもありません。
つまり、マーケティング要素も含まれます。
閲覧者がどういった情報を求めているのか、そこを探ることがとても大事です。
「俺がこれを言いたい」ではダメです。
「あなたは何を求めていますか?」です。

拾い上げたニーズに対するアンサーを準備する

そうやって拾い上げたニーズに対する、自社なりのアンサーを準備しましょう。

ここからやっと私たちが入り込む余地が出てきます。

自社なりのアンサーを準備する時には私たちに相談をしていただいても構いません。
一緒にアンサーを考える、そういうこともやってます。

ただ、できれば、自社内でアンサーを準備しましょう。
そうすることで、現在提供しているサービスや業務の中で見直す必要のある部分が出てくるかも知れません。

アンサーを分かりやすく文章化する

そうやって準備したアンサーをわかりやすく文章化しましょう。

ここでも当方はお手伝いができるかと思います。
が、できるだけ自社内で文章にするようにしてください。

そうやって「コンテンツ力」を自社に付けていきます。

これからの中小企業に大切なのは「コンテンツ力」

インターネットの普及で企業が持つべきスキルに変化が見られています。
その中の一つ、というより、とても大きな割合を占めるのが「コンテンツ力」です。

自社をどうやって他者にアピールするか、それができるかできないかで業績や企業のイメージが大きく変わります。

そのために自社サイトを利用する、ブログを書く、という行動がとても大切です。

「エムティ・デザイン」では「コンテンツ力を付けるため」のアドバイスしています。
興味がありましたら「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい