No Image

apache 2.4の設定でサイトにアクセスできない場合はアクセス制限を疑いましょう

apache 2.4を本格的に使い始めてしばらく経ちます。
最近、サーバを触ってなくて、久しぶりに設定をいろいろとやっているのですが、ハマリどころが1つ。
apache 2.2以前との大きな違いの一つにアクセス制限関係があります。
馴染みのある人はお分かりかと思いますが、apacheのアクセス制限といえば
[bash]allow from all[/bash]

[bash]order deny,allow
deny from all
allow from 192.168.0. 127.0.0.1[/bash]
のような記述でした。
また、基本的にはアクセス制限に関する記述をしなければ、アクセスOKでしたよね、多分。
apache 2.4になって、記述もデフォルトの設定も変わりました。
[bash]allow from all

Require all granted
に変わります
deny from all
allow from 192.168.0. 127.0.0.1

Require all denied
Require ip 192.168.0 127.0.0.1
に変わります
[/bash]
何も設定してない状態、多いのはバーチャルホストの設定だと思いますが、の場合、アクセス不可です。
セキュリティ的にはこの方が正しい、というか、まあそうだよね、という感じなのですが、慣れるまでは「え?なんで繋がらないの?」と思ってしまうかと。
その他、2.4ではいろいろと変更点がありますので、都度google先生のお世話になっています・・・
[tmkm-amazon asin=’4844333399′][/tmkm-amazon]

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest