日本最古の公開NTPサービスを提供してきた福岡大学NTPサーバが遂に停止することに。代替サーバなどをご紹介

※少々影響範囲の大きいことなので当方管理のサイトいくつかで同様の内容を書き込むと思います。
福岡大学が提供しているNTPサーバが停止されることになった。時期はまだ明確ではないが、近々停止されることは間違いなさそう。
私も昔は大変お世話になった。ある時期からトラフィックの増大が問題になっている、と聞き、それ以降・・・既に10年以上は使っていなかった。

この福岡大学のNTPサーバ、と言ってもピンとこない人も多いかと思うので。

NTPとは?NTPサーバとは?

まずいちばん大事な”NTP”とは?という点から。

NTPとは、Network Time Protocolの略で、「時刻合わせ」に使う通信のこと。
サーバなど、ネットワークに接続されている機器の時間を合わせるために使われる通信方式。

NTPサーバは時刻合わせに使われるサーバのこと。
つまり、NTPサーバの時刻が「正確」である、という前提で、クライアントはNTPサーバに接続し、NTPサーバの時間に自分自身の時間を合わせる。
特にネットワークに接続されているサーバの時間は正確でないと様々な支障が出るため、時刻合わせはとても大切。

福岡大学のNTPサーバは日本最古の公開NTPサーバ

福岡大学が提供するNTPサーバ、最初に提供されたのは1993年10月・・・つまり26年前。まだ日本でインターネットというものが世に知れる前かな。
これは公開されたNTPサーバとしては日本最古、世界的に見てもかなり古いのではないか、と思う。

clock.nc.fukuoka-u.ac.jp / clock.tl.fukuoka-u.ac.jp
133.100.9.2 / 133.100.11.8

というサーバ名やIPアドレスを見ると「あー、あれか」と思う人も少なくないかも。

福岡大学NTPサービスの詳細はこちら。
公開NTPサービス | 福岡大学情報基盤センター

日本最古であるため、NTPサービスにこのサーバを登録してあるサーバやクライアントはかなりの数あるかと思います。
また、「ntpを設定しよう!」的なサイトやntpサーバの設定例などの多くが福岡大学のntpサーバを「例」として使っていたように思います。

ただ、時期は定かではないですが、10年以上前には既にトラフィックはかなりの量になっていて、問題になっていたように記憶しています。
なので、会社員時代の最後の方に構築したサーバでは、このNTPは使っていないはずです(確か、nict=”独立行政法人情報通信研究機構”のサーバを設定していたような)。

それからもどうやら負荷は減ることはなく、いろいろな試行錯誤の末、停止の決定をするに至ったようです。

代替のntpサーバはどこ?

止まってしまうことが決まったので、次は「じゃあどこを使えばいいの?」という事になるかと思います。

ここではいくつか代替をご紹介します。

nict公開ntpサーバ

ntp.nict.jp

前述しました「独立行政法人情報通信研究機構」、通称NICTのNTPサーバです。

日本標準時(JST)グループ

こちら、使用に関して多少の制限があります。

「1時間平均で20回(1日の合計が480回)を超えないようにしてください。 それ以上が必要な場合は事前にご連絡ください。」

普通の使用で1時間に20回もポーリングかけることはないとは思いますが、たまにあるようで・・・・

Internet Multifeed 時刻情報提供サービス for Public

ntp.jst.mfeed.ad.jp

通称MFEEDの時刻情報提供サービスです。

INTERNET MULTIFEED CO.

こちら、サーバ名は1つですが、ラウンドロビンかけてありますので、実際は複数のサーバへのアクセスとなります。
複数設定が可能な場合やIPアドレスでの設定が必要な場合は下記が推奨されています。

IPv4の場合
ntp1.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.27)
ntp2.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.57)
ntp3.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.87)

IPv6の場合
ntp1.v6.mfeed.ad.jp (2001:3a0:0:2001::27:123)
ntp2.v6.mfeed.ad.jp (2001:3a0:0:2005::57:123)
ntp3.v6.mfeed.ad.jp (2001:3a0:0:2006::87:123)

google public NTP

time.google.com

こちら、Google提供のNTPサーバです。
概略ページもありましたが、こちらはいきなり設定ページへのリンクを貼っておきます。

Configuring Clients  |  Public NTP  |  Google Developers

というわけで、かなり影響が大きいので、もし福岡大学のNTPサーバを使っている方がいらっしゃれば早めの変更がお勧めです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい