No Image

MacBook Air 2011モデル ファーストレビュー

MacBook Airの2011モデルが発売され、1週間。実は発売日に購入していました。
今回はかなり買う気でいて、価格だけが問題になっていたのですが、発表された価格とスペックを見て、発売日には福岡のApple Storeに走りました。
購入したモデルは
MacBook Air 2011
 13インチ
 Intel Core i7 1.8GHz
 メモリ 4GB / 256GBフラッシュストレージ
どういうわけか店頭モデルではないはずの「Core i7」モデルがあり、飛びついてしまいました。最上位機種という奴です(実はMacの最上位機種は初めて購入です)。
とりあえず購入して1週間、と言っても、途中で大学の試験などもあり、実質4日程度しか触っていませんが、感じたことを書いてみたいと思います。
昨年発売されたMacBook Airは持っていますが、薄さや軽さについてはそのまま継承していました。薄いし軽いです。
なので、以前の[vc]MacBook Airケース[/vc]はそのまま使うことが出来ました。
見た目でのいちばん大きな変化はバックライトキーボードです。個人的にはまあどっちでもいい機能ではありましたが、確かに高級感が出ますし、Macはこうでないと、とも感じます。
OSはOS X Lion搭載。こちらはまた別途レビューしましょう。
肝心の使い心地ですが、確かに前モデルと比べると雲泥の差です。
やはりマシンスペックが大幅に向上しただけのことはあり、全てにおいて速度アップしています(細かいベンチマークは他のサイトに譲ります)。
もう一台、メインマシンとしてMacBook Proがあるのですが、正直なところ、Proより速く感じるシーンが多くて嫌になります。
前モデルとの速度差を感じる部分は随所にありますが、やはり写真の現像処理でしょうか。[vc]Photoshop Lightroom 3[/vc]を使うとAirの前モデルどころかProとの速度差さえ感じます(もちろんAirの方が速いという意味で)。写真データを外付けUSBドライブに入れていてもかなり快適です。
前モデルのMacBook Airを使い始めると、その速度と使い勝手に衝撃を覚えました。コンピュータを使って衝撃を受けたのなんて、もう15年ぶりくらいです。
と、同時に、自分の中でいろいろな考え方に変化が生まれました。コンピュータの進化を目の当たりにするとやはりいろんな変化が生まれるものです。
今回のモデルについても同様に、かなりの衝撃を受けています。
それはやはりサイズとスペック、そして使ってみた感じがあまりにも違いすぎるからに他なりません。
この使い勝手ならもしかするとProすらもいらない?と思ってしまいます。いや、実際いらなくなりそうなのですが・・・マシンの構成は一度考え直す必要がありそうです。

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest