CentOS 6.4にMariaDB 10をインストールする方法

ちょっと前にMariaDBのことは取り上げたかと思います。
その時に「年内には全部MariaDBにしたい」と宣言していました。
そこで、まっさらのCentOS 6.4にMariaDB10をインストールしてみました。

今回はyumでのインストールを行ってみます。

レポジトリを追加する

まずはレポジトリを追加します。
この辺り、MariaDBは大変整理されていて、こちらのサイトで該当するディストリビューションを選ぶことで、レポジトリの内容が表示されるようになっています。

今回は”CentOS” – “CentOS 6(64bit)” – “10.0”を洗濯しました。
表示された下記を”/etc/yum.repos.d/MariaDB.repo”というファイルを作り、このファイルの中に書き込みます。

# MariaDB 10.0 CentOS repository list - created 2013-10-10 01:29 UTC
# http://mariadb.org/mariadb/repositories/
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.0/centos6-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

私は最後の行に”enabled=1″を追加しました。

MariaDBをインストール

後はyumコマンドでインストールするだけです。

# yum install MariaDB-devel MariaDB-client MariaDB-server

インストールしようとして、MySQLのライブラリなどとの競合でエラーが表示される場合は、一度、MySQLのライブラリを削除してインストールします。
その際、いくつか関連アプリケーションが削除されますが、MariaDBインストール後に個別に再インストールしましょう。

後はMySQLと一緒です

その後の手順は基本的にはMySQLと同じ手順となります。

起動してみます。

# /etc/init.d/mysql start

よほどのことがない限り、無事起動するかと思います。
起動したらmysql_secure_installationを動かしてみましょう。

# mysql_secure_installation

MySQLの”mysql_secure_installation!”コマンドと設定内容は変わりません。

これでインストール終了です。
試しにコマンドラインで動かしてみましょう。この時のコマンドも”mysql”になります。

# mysql -u root -p
Enter password:(パスワードを入力します)
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or g.
Your MariaDB connection id is 17
Server version: 10.0.4-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2013, Oracle, Monty Program Ab and others.

Type 'help;' or 'h' for help. Type 'c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]>

このように表示されたら大丈夫です。

少しだけ設定をしてみましょう

コンソールに入ったら少しだけ設定を確認してみましょう。
ステータスを確認してみます。”¥s”と入力しましょう。

s
--------------
mysql  Ver 15.1 Distrib 10.0.4-MariaDB, for Linux (x86_64) using readline 5.1

Connection id:		17
Current database:
Current user:		root@localhost
SSL:			Not in use
Current pager:		stdout
Using outfile:		''
Using delimiter:	;
Server:			MariaDB
Server version:		10.0.4-MariaDB MariaDB Server
Protocol version:	10
Connection:		Localhost via UNIX socket
Server characterset:	latin1
Db     characterset:	latin1
Client characterset:	utf8
Conn.  characterset:	utf8
UNIX socket:		/var/lib/mysql/mysql.sock
Uptime:			10 min 38 sec

Threads: 1  Questions: 47  Slow queries: 0  Opens: 1  Flush tables: 1  Open tables: 63  Queries per second avg: 0.073
--------------

MariaDB [(none)]>

文字コード(characterset:)の欄で”Server/Db”の両項目が”latin1″となっていますね。
これをutf8に変更します。

まずはコンソールから抜けます。”quit”と入力して下さい。

MariaDB [(none)]> quit
Bye

設定ファイルの場所が少し変わっています。
今回はサーバ系の設定になりますので”/etc/my.cnf.d/server.cnf”というファイルを編集します。
このファイルの[mysqld]セクションにに下記を追加します。

character-set-server=utf8

追加し、保存したらMariaDBを再起動します。

# /etc/init.d/mysql restart

もう一度、MariaDBコンソールにログインして、ステータスを確認してみます。

# mysql -u root -p
Enter password:(パスワードを入力します)
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or g.
Your MariaDB connection id is 17
Server version: 10.0.4-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2013, Oracle, Monty Program Ab and others.

Type 'help;' or 'h' for help. Type 'c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> s
--------------
mysql  Ver 15.1 Distrib 10.0.4-MariaDB, for Linux (x86_64) using readline 5.1

Connection id:		2
Current database:
Current user:		root@localhost
SSL:			Not in use
Current pager:		stdout
Using outfile:		''
Using delimiter:	;
Server:			MariaDB
Server version:		10.0.4-MariaDB MariaDB Server
Protocol version:	10
Connection:		Localhost via UNIX socket
Server characterset:	utf8
Db     characterset:	utf8
Client characterset:	utf8
Conn.  characterset:	utf8
UNIX socket:		/var/lib/mysql/mysql.sock
Uptime:			1 min 4 sec

Threads: 1  Questions: 4  Slow queries: 0  Opens: 0  Flush tables: 1  Open tables: 62  Queries per second avg: 0.062
--------------

MariaDB [(none)]>

“Server characterset: / Db characterset:” がそれぞれ”utf8″に変わりました。

同じ”/etc/my.cnf.d/server.cnf”の[mysqld]セクションに、もう1行だけ追加しておきます。

plugin-load = handlersocket.so

これは高速化オプションです。
MariaDBをインストールしたら、先程の”character-set-server=utf8″とこれは必ず追加するようにしましょう。
追加したら先程と同様にMariaDBを再起動します。

# /etc/init.d/mysql restart

長々となりましたが、これでMariaDBのインストールが完了です。
基本的には、phpMyAdminからも操作できますし、Wordpressなどからも問題なくアクセス出来ます。
何か問題が出てきたらこちらでも報告していきます。

1件のコメント

  1. Pingback: MariaDB で日本語を扱う場合の文字コードの設定 | 雪猫ノート

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Webサイトのこと、WordPressのこと、何でもお問い合わせ下さい